Kogielu’s blog

海外駐在中 マーケティング担当 

#39 MBTI テスト

f:id:kogielu:20160604210624p:plain

MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)は、ユングの心理学的類型論(Psychological Types)をもとに、1962年に米国のブリックス(Briggs,K)とマイヤーズ[1](Myers,I)によって研究開発された、人と人との違いを知ってお互いに尊重しあうことを目的に作られた、類型論に基づいた、自己理解メソッドである。 MBTI - Wikipedia

 

会社の飲み会で話題にあがって思い出したMBTIテスト。いわゆる心理テストで、人により好みはある。当然本人による回答の形式を取っているため、「個人の理想に引っ張られ実態を反映しないのじゃない?」といった話は良く出るが、個人的には意識は行動を作る、また単純に他者の趣向や考えを理解する一つのツールとしては有用だと思うし、消費者調査に関わる人間としては興味深い。

まぁ、いくらかの心理テストをやっても、人から聞いても大抵これと似た結果がでます。。。よく人なりとして言われるのは、「なんかいつも考えている。」「一人でも生きていけそう。」「動じない。」「スイッチが入ると突然話しだす。」「独自の理論を組み立ている。」etc

今更ながら自分自身の理解というよりは、これを話題に相手の価値観、考え方をより聞けるのが非常に楽しい。人の価値観には人生のストーリーが含まれていて、決して心理テストのようなタイプ分けしたような単純なものではない。そんな千差万別の経験の積み重ねの話を聞くのは16つのタイプ分けの話よりよっぽど面白いと思った飲み会でした!

 

 

 

#38 歴史について

f:id:kogielu:20160531002008p:plain

ふとしたきっかけで世界史を読み進めて1ヶ月。学生の頃は全く興味がなかったのだけれども、読み物として読んでいくとこれが意外に興味深い!思えばテストの為の単純な年号と事象の暗記なんかは面白い訳ではなく、事象が起こった背景や、繁栄と滅亡といった大きな歴史の流れが見えてくると一つのドラマとして楽しめる。

文章だけ読んでも頭に入ってこない部分もあるので、実は図説?も買ってしまいました。まるで受験生の勉強のようですが、強いられたものではないので非常にワクワクしながら読んでいます。1ページめくるごとに時間が動いてくる感覚は、まるで自分が現実世界を俯瞰している何者かと錯覚するものを含んでいる。

当然人類の様々な地域と膨大な歴史がある訳なので、時間をかけてゆっくりと興味のある範囲を中心に読み進められればなと。一つのゴールとしては30代の内に世界史に関しては自分自身の見解と引き出しを持って語れるまでに理解したい。

#37 より良い世の中の為に

 もっと思いやりのあるよりよい社会を気づく為に、考え、行動するきっかけを作りたいと思ったのだった。 - Robert K. Greenleaf 

一番大切なことは単に生きることそのことではなくて、善く生きることである - Socrates  

ここ数週間で同じフレーズを異なる機会で触れたので。世の中がより良くなる為にはそんな壮大なテーマを考えて活動している人はこの世の中ではごく僅かだろう。人は見えにくい抽象的なものより、自分自身の身の回りにあることの方が大事だ。

 

世の中のほとんどの人はあなたが起こしたことを知ることはない。

歴史に名を残すような偉人でなければ、何か世の中を変えられない。そう思って行動を諦めたり、他人事だと思ったりする。誰しもが知っているような、例えばスティーブジョブスがiPhoneを世の中に売り出した。そんな変化に比べればあなたが起こした変化はとても小さくて、世の中のほとんどの人は知らないだろう。

 

それでもあなたの起こすことには価値がある

人が生きた価値というのは、自分がいた世界と、自分がいなかった世界の引き算だ。自分の行動や存在が、周りの人にとって一つでも良いものとなったら、それは自分自身が世界を良い方向へ変えたと自信を持って良いのだろう。それはとてもとても小さいものかもしれない、それでもあなたの行動が生み出した変化には価値がある。

 

世の中を変えることは自分の周りを変えること。

世界を変えると大それたことを言うつもりはないけれども、自分の仕事を通して人々の暮らしが以前よりも良くなる。自分の行動を通して、人々が良い行動をするような影響を与えられる。それは十分に生きた価値のある、良い人生だったと言えるのだろう。

#36 5年目

早いもので5年目になりました。2年目でシンガポールに移り、4年目に2つ目のブランドに移り現在。この4年間の社内経験としては、社内外の同期と比べても非常に恵まれたものだと改めて感謝しています。

同期の中でも1番早いシンガポールへの移動はもちろん、4年目には韓国という日本以外の市場を経験させてもらい、一つ一つマーケティング関連の経験が増えていくのを実感できた4年間でした。

社内では中堅?の位置づけで、これは既存の与えられた仕事は当たり前にできる一人前として扱われ、1つ上のレベルの期待値として、自分自身で物事を変えていく、引っ張っていくことが期待される年次に。

1. 意識して日々学ぶ。
 4年も会社にいると、学ぶことも徐々に減ってくるのは正直なところ。「常に全力で成長する」ことが期待されるマッチョな会社ではあるのですが、学ぶのは強いられるものではないというのが信条の私なので、人からではなく、自分自身で意識を持って学んでいきたいと思います。具体的には日々の手帳を活用して学んだことは積極的にノートに留めておく。

2. 新しいこと、変化を起こす。
 言われたこと、与えられたことをやるのは非常に重要な一方で、それをやったところで”当たり前”としか思われない。前述の学びにも紐づきますが、自分自身で変化を起こす、問題意識を持って主体的に取り組む。これが変化や学びにつながるかなと。

3. マーケティングの実行部分に深く入る。
 現在の担当分野はマーケティングの上流部分、市場分析や製品企画に近い。ただし、いわゆるそれを具体的にするところ。CM作りや売り場作りに関しては長い目で見たら身につけて置くべきスキルであると思うので、今年は意識して自分の担当エリアの外も積極的に入っていきたい。


5年、10年、20年となったときに、すべての1年が「これは学んだ、やった」と言えるように1日1日精進していきたいと思います。